ご瑞教:ごずいきょう

ご瑞教とは

苑主の行う説法。
年初で行われるものは年頭のご瑞教と言われ、信者の年間の活動指針とされる。

活動内容

瑞教は、内容もさることながらそこで読まれる(話される)単語が難解を極める。
2010年の瑞教においても常住真身/ 唐櫃/ 慧眼/ 豊穣多産/ 利行/ 万有の実相/ 大涅槃の楽/ 顕揚/ 霊廟宝塔/ 顕幽一如/ 帰命/ 信実/ 摂化の軌跡/ 安寧/ 開基/ 和楽/ 創基 等、その他多数の難読・難解単語が使われており、その後に発行される親苑時報(当時は内外時報)での解説文はそれらに逐一注釈が入っている。
信者は、その難しい言葉を用いた「威厳のある瑞教」を何度も繰り返し、ビデオ上映で見、親苑時報で読み、心に刻むのである。

  • 最終更新:2012-01-06 02:58:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード