ホットリーディング

ホットリーディングとは

主に占い師や霊媒師、霊能者がよく使う技術のひとつ。事前に対象者の情報を得た状態で対話を行い、自分の事を言い当てられたかのように思い込ませるテクニック。

活動内容

対象者に知られないように行う情報の事前調査により「何も話ていないのに見通された」という状況を作りだす。仲介者が協力者となり事前に情報を渡しているケースが多い。
真如苑においては接心修行における、相談接心、鑑定接心に該当する。
芋洗い式で行われる向上接心修行とは違い、信者と霊能者が1対1で執り行われる相談・向上接心。霊能者が入神する前の素の状態で、信者が相談内容とその背景を洗いざらい話しをする。その後に入神し、霊媒修行が始まる。この手法により、コールドリーディング(曖昧な霊言) + ホットリーディング(事前に情報を入手している霊言)が下され、霊言の確度は通常の向上接心修行より格段に高くなる仕組みとなっている。それが信者が信じ込む「お見通し真如霊界」の根拠になっている。

関連用語

  • 最終更新:2012-01-07 09:40:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード