マッチポンプ

マッチポンプとは

マッチで火を付けておいて、ポンプで「消しに来てやった。」という態度を取ること。

活動内容

この教えは過去、現在、未来が解る有り難い教えと言われている。
それは接心修行によって、自らの気づかない事への取り組みを知ることができるからである。

しかし、その言葉が誰にでも当てはまるような言葉であり、当たったかのように思わせるコールドリーディングやホットリーディング手法によって発せられているとすれば、教団に貢がせるためのマッチポンプであることに気づく。

救われない霊、因縁を示しておいて、「救ってやる。疑えば力が流れてこないので悪因縁に倒されてしまう。」と思わせるのはマッチポンプであるが、この教えに従えば、信者は勧誘しなければならず、そのマッチポンプの手法に気づかされないまま、不幸の手紙の様に、この教えのマッチポンプを「仏教の教えである」と思わせられながら、勧誘させられるのである。


  • 最終更新:2012-01-16 05:36:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード