一切悉有仏性:いっさいしつうぶっしょう

一切衆生悉有仏性 とは

『大般涅槃経』の一切の衆生に仏性が等しく存在するということ 。

宗教用語の誤用

真如苑では仏教を基本としていますが、仏性の解釈が、マインドコントロールが進むに連れて、この教えを盲目的に信仰することにすり替えられます。
そして、勧誘時には「徳」 という教えに服従する尺度も見ながら、教えにおける仏性を勧誘の可能性に置き換えて教えを信じそうな、すなわちマインドコントロールにかかりそうな人に照準を合わせます。
騙されやすい人が仏教であると油断させられるのです。

真如苑では、「真如苑で修行すれば誰でもブッダになれる」と言われる。また、「誰でも[[霊能者>ミーディアム]]になれる」とも言われる。 
しかし、人を勧誘しなければならない真如苑のネズミ講型の取り組みは容易ではない。すなわちそれらスローガンはローボールテクニックであり、マインドコントロール技術の内である。
また、仏性は尊い教えを貫くきれいな心にも例えられるが、信者は巧みなマインドコントロール技術によって教えに示される因縁から救ってくれる人、すなわち教えを開いた人たちへの服従が教えを貫くきれいな心であることに気づかされないのである。

  • 最終更新:2012-04-21 07:28:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード