上から目線:うえからめせん

上から目線とは

真如苑信者と非信者の対等な人間関係において、信者側があたかも指導者的立場であるかのように勘違いしてとってしまう言動。

信者の特徴

世の円満な指導者になるために智流学院を目指しなさい。」という言葉に表されるように、真如苑信者は「世間」に対して指導的立場になれるかのように錯覚しがちである。
実際には教団内でしか成立しない上下関係であるはずなのに、社会的に対等な立場である非信者に対してまでも偉そうに振る舞ってしまうので、非信者に不快を与えて人間関係がこじれてしまったり、失笑を買って憐れまれたりしてしまう。

関連用語:選民思想

信者はある時もてはやされ、ある時無力感を与えられ、教えに惑わされる。
勧誘に成功しないことや教えの手口を知られてしまうことが多い。
それでもマインドコントロールから醒めることに恐怖する信者は、教えの真の手口に気づいてしまった堕ちた人に対しても、上から目線で接するしかできない。

  • 最終更新:2012-07-08 06:54:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード