両童子:りょうどうじ

両童子とは

教祖の子供で、長男と次男の二人を指す。
抜苦代受」という、救いを確立するために霊界へ命を捧げたとされている。
長男:教導院(きょうどういん)
次男:真導院(しんどういん)
信者は「教導院様」「真導院様」「両童子様」と呼ぶ。

独自用語

真如苑には抜苦代受という救いがある。
しかしそれは教えを真っ直ぐに信じることで救いとなり、いつまでもそれに浴していては、その力は長続きしないと言われる。

それを聞かされてマルチ商法の劣悪商品と気づくか、霊、因縁の恐怖によって力をもらえないことを恐れて奮い立つかによって、マインドコントロールの度合いが決まる。

信者が両童子の救いに感謝するとき、その報謝として人を救うこと、即ちこの教えに人を導く(勧誘する)ことを誓う。
ネズミ講型新興宗教であると気づくことなく。

  • 最終更新:2011-12-28 09:19:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード