信行解:しんぎょうげ

信行解とは

教えをただひたすら信じて行い理解すること。

独自用語

真如苑の教えの根底にあるのは、「教えを疑うと力をもらえない。」ということです。力をもらえないと悪因縁に倒されてしまいます。

だから、ただひたすら信じて行って理解させようとします。要するに思考停止を促しています。
その真理に従う信者はマインドコントロールによって集団の中で信じる力に影響されてしまい、あたかも自分が判断したかのように行動します。

ネズミ講型の取り組みによって勧誘することも、人助けの道となってしまうのです。

  • 最終更新:2012-01-11 06:14:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード