所属:しょぞく

所属とは

信者が入信させた(指導すべき)信者。
導き親、導き子の親子関係を形成する。
導かれた信者が導いた信者は、孫信者の位置づけとなり、これが無限に連鎖する。

独自用語

信者はネズミ講型新興宗教を信仰しているため、所属はネズミ講の下級会員である。しかしその見返りは、金銭が上級会員に流れるのではなく、という教えの中の修行ポイントが加算されて救われる。
取り組みによる金銭は教団に流れる仕組みとなっている。
所属を取りまとめている最小単位が経(すじ)となる。


					
  • 最終更新:2012-01-10 09:11:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード