祥月命日:しょうつきめいにち/月の命日:つきのめいにち

祥月命日/月の命日とは

教えを開いた一家の命日が祥月命日、他の月の同じ日を月の命日と言う。

独自用語

6月9日、7月2日、7月19日、8月6日は祥月命日であり、大きな法要が行われ、勧誘の機会であり、信者に教えを意識させる。
勧誘される側はその日を意識して気をつけなければならない。

上記日の別の月の同じ日は、月の命日と言われ信者は意識させられる。
信者は接心修行勧誘を幾度も言われるので、常に勧誘されそうな人は意識しなければならない。
信者であると伝えられただけの人を含む。

  • 最終更新:2011-12-30 22:59:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード