誹謗中傷:ひぼうちゅうしょう

新興宗教における誹謗中傷とは

新興宗教であるから誹謗中傷されることを言います。
それは「誹謗中傷する人がその教えの良さを分かっていないからである」という意味を含んでいます。

独自用語

新興宗教は敬遠されますが、「(この上ない教えだから)根拠のない批判をされる」といういわば信者に批判を聞いてはいけないというような釘を刺す言葉として使われます。

「教え批判は感情的で根拠がなく、有り難い教えに結ばれるのない人たちが繰り広げている」として、信者のマインドコントロールを解くような情報に触れさせないようにし向けられています。

そのイメージは一時期真如苑批判サイトに現れた荒らしの書き込みのような、凄まじさを想わせます。
ーーーーーーーーーーーーー
誹謗中傷は感情を乱して批判する印象を与えます。
信者に対して教えを悪く言われることを誹謗中傷と擦り込めば、教え批判から目を逸らすための印象操作となります。
ネット上でも教えを悪く言われると誹謗中傷が使われます。それは信者が教え批判に対する防衛のために発するのですが、批判する人を感情的で理由がないかのように印象操作する意図も見られます。

  • 最終更新:2013-11-23 07:37:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード