身口意の三業:しんくいのさんごう

身口意の三業とは

仏教で言われる身、口、意(心)の罪を侵すことによる弊害を戒めるもの。
真如苑においては、真如苑の教義に対するものと位置づけられる。
身で犯す業は、帰苑ご奉仕を怠ること。
口で犯す業は、教えに対する疑念を口にしたり、教義に対する疑問などを発すること。
意で犯す業は、真如苑を疑う気持ちを少しでも心に抱くこと。

宗教用語の誤用

最上の教えである(とされる)真如み教えの中では、仏教用語の本来の意味とは違い、教えに貢献しない罪が戒められる。

身の罪は教えを開いた関係者の場合(主に色情関係)は許され、信者には戒めの業となっている。
また、口の罪は教えを悪く言うことや、教えを疑うような言動が戒められる。
そして、意業も同様であり、心の中で教えを否定したり、疑ったりすることが戒められ、教えの中ではお見通しとされている。

業を侵すと信者は教えの力をもらえなくなり、霊、因縁に倒されるのを恐れ、教えの中では教え関係者を褒め称える。そして、教えを疑わせるような情報に触れないように取り組むのである。

最近はインターネットによって教えの手口が流布されているため、勧誘時に信者は「ネットに書かれている教えについての悪いことはウソ。」という口実を平気で使う。

結果的に身口意の三業は、真如苑においては信者をマインドコントロールする上で有効な方便として利用されている。

  • 最終更新:2012-01-07 14:00:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード